建物紹介

  • 大聖堂

中央祭壇は南西を正面に固定され、祭壇奥には司教座が据えられています。
南側、西側の壁には14枚の「十字架の道行」影絵があります。




聖母の生涯を描いた16枚のステンドグラスは、フランスの女流画家イヴォンヌ・スートラの原画により、ポルドロ社(フランス・アンジェ市)が制作。

 


  • ご聖体の小聖堂

祭壇は、赤レンガ聖堂(1896年献堂)・木造聖堂(1938年献堂)の主祭壇だったもので1986年現聖堂献堂時に移転設置。


  • パイプオルガン



南側に西ドイツボッシュ社製のパイプオルガン(ストップ数24、パイプ1675本)が据えられています。


  • 外壁のレリーフ



南側外壁を飾るレリーフ「王たるキリスト」は、ドミニコ会司祭カルパンチエ神父の作(小石原村 森山製陶社 製)です。


  • 鐘楼



高さ40m。
大中小3つの鐘(フランス・ボデー社 製)が、正午と夕方6時30分にアンジェラスの祈りのときを告げます。